ホームページの作り方

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法

WordPressのバックアップを自動保存する方法

 

当ページの想定利用者

  • 万が一の事態に備えて、WordPressのバックアップを保存しておきたい
  • WordPressのデータをバックアップする方法が分からない
  • 簡単にバックアップを保存する方法ってある?
  • バックアップを自動保存できるプラグイン「BackWPup」とは?
  • WordPressに「BackWPup」をインストールする方法について知りたい
  • 「BackWPup」の設定方法についても知りたい

 

この記事では、上記のようなご要望やお悩みにお応えする有意義な情報を掲載しています。
ガイド

 

「ホームページ作成サービス」を使わずにホームページを作る

昨今では多くの「ホームページ作成サービス」が登場しており、従来はデザイン会社などに発注するなどして作成していたホームページが、パソコン初心者でも簡単に作ることができるようになりました。

ただしそうした便利なサービスは、ホームページを運営するうえである程度の制約・デメリットが存在します。

 

100%思い通りのホームページ作成はできない

「ホームページ作成サービス」を使えば、極めてスピーディーに一通り完成されたホームページを作ることができますが、一方でユーザーが作り込める余地が少ないので、真に理想的なホームページ作成は行えないのが現状です。

 

集客力を向上させることにも限界がある

また「ホームページ作成サービス」を利用する場合、SEO(検索エンジン最適化)というGoogle検索などからホームページに訪れるユーザーの数を増やすための施策が十分に行えない可能性が高いです。

例えば根本的にSEO対策に関連する特定の項目にタッチすることができなかったり、公開可能なページ数が限られているため情報発信の量に制限がかかってしまい、結果としてSEO効果が十分に発揮されないなどの問題が挙げられます。

 

ユーザーに直接的な不利益を与える可能性も・・・

さらにホームページデザインのカスタマイズにも限界があるので、ユーザーの導線を意識したベストなコンテンツのレイアウトが行えないことで、ユーザーがホームページ内の情報にリーチすることができず、多くの機会損失を被る恐れなどもあります。

 

以上のようなデメリットが「ホームページ作成サービス」を利用することには挙げられるため、下記の記事でホームページを自ら作成する方法について解説してきました。

関連リンク【ホームページ自作の準備】WordPressでホームページを自作するための準備|ワードプレスなら高い集客力を持つ理想的なサイトが作れる!

 

WordPressプラグインでバックアップを自動保存する

今回はWordPressのデータをプラグイン「BackWPup」を使って自動的にバックアップを取る方法について解説していきます。

プラグインをインストールしていくつかの設定を行っておけば、あとは定期的にWordPressのバックアップデータを保存してくれるので非常に有用ですよ。

 

本記事を一読すれば、WordPressのバックアップを楽々保存できるようになること請け合いですよ!
ガイド

 

それでは早速、ホームページ作成システム「WordPress」のバックアップを自動的に保存してくれるプラグイン「BackWPup」の設定方法などについて、見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

WordPressのバックアップを自動保存する方法|バックアップ保存の概要について

まずはWordPressのバックアップ保存について、簡単に解説しましょう。

 

保存すべきデータとは?

WordPressデータのバックアップを取る際に保存すべきデータは、次の4点です。

 

バックアップすべきデータ

  • WordPressテーマ
  • 画像などのメディア
  • WordPressプラグイン
  • データベース

 

以上4点のバックアップを取っておけば、仮にWordPressのデータがすべて消失してしまったとしても元通りに復旧させることができる可能性は高いです。

 

ただこれらのバックアップを自分自身の手で保存する場合、基本的に「FTPソフト」というパソコン・サーバー間のファイル転送ソフトを使用する必要があるので、少々煩雑です。

そこでおすすめしたいのがWordPressプラグイン「BackWPup」を使って、定期的にバックアップを自動保存する方法です。

 

WordPressプラグイン「BackWPup」

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|バックアップ保存の概要について

WordPressプラグイン「BackWPup」は、WordPressのデータを自動バックアップしてくれる無料のプログラムです。

「BackWPup」を使うことで、先ほど挙げた4点のデータを包括的に保存することが可能です。

 

「BackWPup」のインストール方法は、別記事で解説していますよ。
ガイド

関連記事【WordPressプラグインを導入する】WordPressにプラグインをインストールする方法|ホームページに機能を追加して集客力やセキュリティを強化!

 

次の項目では「BackWPup」の設定方法について、具体的に解説していきます。

 

>>目次へ戻る

 

WordPressのバックアップを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法

ここからはWordPressにプラグイン「BackWPup」の設定方法について、詳しく解説していきます。

 

BackWPupに新規ジョブを追加する

まずはWordPressにログインして、ダッシュボードページを表示させましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法

ダッシュボードページが表示されたら、画面左側にある「BackWPup」から「新規ジョブを追加」をクリックしましょう。

ここで作成する「新規ジョブ」に定期的な自動バックアップを指示する内容を設定しておくことで、手間無くWordPressのバックアップを定期的に自動保存することが可能になります。
ガイド

 

「一般」タブの設定

まずはBackWPupの「一般」タブから設定していきましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:まず「このジョブの名前」のフォームにジョブ名を入力しましょう。 例えば「週1回のワードプレスバックアップ」というように、ジョブ内容が分かりやすいネーミングを付けるといいでしょう。

まず「このジョブの名前」のフォームにジョブ名を入力しましょう。

例えば「週1回のワードプレスバックアップ」というように、ジョブ内容が分かりやすいネーミングを付けるといいでしょう。

続いて「このジョブは・・・」項目で「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」「インストール済みのプラグイン一覧」の3つにチェックが入っていることを確認しておきましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:続いて「アーカイブ形式」を指定します。 Windowsの場合は「Zip」、Macの場合は「Tar GZip」を選びましょう。

続いて「アーカイブ形式」を指定します。

Windowsの場合は「Zip」、Macの場合は「Tar GZip」を選びましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:最後に「バックアップファイルの保存方法」に「フォルダーへバックアップ」を指定して、「変更を保存」をクリックしましょう。

最後に「バックアップファイルの保存方法」に「フォルダーへバックアップ」を指定して、「変更を保存」をクリックしましょう。

ちなみにこの設定によってバックアップファイルは「wp-content」フォルダ内の「uploads」フォルダに保存されるようになります。

 

「スケジュール」タブの設定

続いて「スケジュール」タブの設定を行いましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択しましょう。 すると「実行時間をスケジュール」という項目が新たに表示されます。

「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択しましょう。

すると「実行時間をスケジュール」という項目が新たに表示されます。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:次に「実行時間をスケジュール」でバックアップを保存するタイミングを設定しましょう。 毎日行うのが間違いありませんが、サーバーに過度な負担をかけることになるので、毎週1回バックアップを保存するくらいの頻度がちょうど良いと思います。

次に「実行時間をスケジュール」でバックアップを保存するタイミングを設定しましょう。

毎日行うのが間違いありませんが、サーバーに過度な負担をかけることになるので、毎週1回バックアップを保存するくらいの頻度がちょうど良いと思います。

なおバックアップを取る時間帯は、サイトへのアクセスが少ない深夜から早朝にかけて指定するのがおすすめです。

 

指定し終わったら「変更を保存」ボタンをクリックしましょう。

 

「DBバックアップ」タブの設定

次は「DBバックアップ」タブの設定を行いましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:「DBバックアップ」タブで変更する項目は「バックアップファイルの圧縮」だけです。 「GZip」形式を指定したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

「DBバックアップ」タブで変更する項目は「バックアップファイルの圧縮」だけです。

「GZip」形式を指定したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

 

「ファイル」タブの設定

最後は「ファイル」タブの設定を行いましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:実のところ「ファイル」タブは初期設定のままで問題ありません。 ただし「テーマのバックアップ」の項目に表示されている、普段使用していないWordPressテーマがあれば、テーマ名にチェックを入れてバックアップの対象外に指定してもいいと思います。

実のところ「ファイル」タブは初期設定のままで問題ありません。

ただし「テーマのバックアップ」の項目に表示されている、普段使用していないWordPressテーマがあれば、テーマ名にチェックを入れてバックアップの対象外に指定してもいいと思います。

その分バックアップする際の負担が減りますよ。

 

以上で「BackWPup」の設定は完了です。
ガイド

 

追加したジョブを確認する

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:管理画面左側の「BackWPup」から「ジョブ」をクリックして、新規追加したジョブが間違いなく設定されているか確認してみましょう。

管理画面左側の「BackWPup」から「ジョブ」をクリックして、新規追加したジョブが間違いなく設定されているか確認してみましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:新規追加したジョブ名の表示が確認できれば、設定は無事完了です。

新規追加したジョブ名の表示が確認できれば、設定は無事完了です。

 

今すぐバックアップを保存する

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:作成したジョブ内容で今すぐにバックアップを保存したい場合は、マウスカーソルをジョブ名に合わせると表示されるメニューにある「今すぐ実行」をクリックしましょう。

作成したジョブ内容で今すぐにバックアップを保存したい場合は、マウスカーソルをジョブ名に合わせると表示されるメニューにある「今すぐ実行」をクリックしましょう。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:これで速やかにバックアップ保存作業が開始されますよ。

これで速やかにバックアップ保存作業が開始されますよ。

 

バックアップしたデータをダウンロードする

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:保存したバックアップをダウンロードしたい場合は、管理画面左側の「BackWPup」から「バックアップ」をクリックして、バックアップのアーカイブを表示させます。

保存したバックアップをダウンロードしたい場合は、管理画面左側の「BackWPup」から「バックアップ」をクリックして、バックアップのアーカイブを表示させます。

 

【WordPressのバックアップを自動保存する】プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordPressのデータを自動保存する方法|「BackWPup」の設定方法:ダウンロードしたいバックアップファイル名にマウスカーソルを合わせて「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードしたいバックアップファイル名にマウスカーソルを合わせて「ダウンロード」をクリックします。

これでバックアップファイルをダウンロードすることができますよ。

 

これで万が一の事態が起こっても安心です!
ガイド

 

>>「BackWPup」の設定方法トップへ戻る

>>目次へ戻る

 

WordPressのバックアップを自動保存する方法|まとめ

「【WordPressプラグインを導入する】WordPressにプラグインをインストールする方法|ホームページに機能を追加して集客力やセキュリティを強化!」と題して、専門知識不要で初心者でも簡単にホームページを作成できる「WordPress」のデータを、プラグイン「BackWPup」を使って自動保存する方法について、詳しく解説してきました。

 

WordPressデータを自動保存して、安心な運用環境を構築しましょう!

本記事ではプラグイン「BackWPup」の設定方法を通じて、WordPressのデータを定期的に自動保存する方法についてご紹介してきました。

ホームページの作成データは、いつ消失してしまうか分かりません。

そんな大惨事に見舞われて途方に暮れてしまわないようにするためにも、今からWordPressデータを定期的に保存する仕組みを導入することが大切です。

 

ぜひこの機会にあなたのWordPress運用環境に「BackWPup」を導入してみましょう!
ガイド

 

【まとめ】無料で簡単にホームページが作れるサービス

【ホームページの作り方】画像で分かりやすく作り方を解説!初心者でも完全無料で作れるホームページ作成サービスをご紹介|無料サービスの落とし穴に要注意!|アイキャッチ画像

「専門知識が無い初心者だけど、ちょっとしたホームページを無料で簡単に作りたい」

そんな望みを叶えてくれる無料の「ホームページ作成サービス」についてまとめた記事を公開しています。

お金をかけずに見栄えの良いホームページを作成できるサービスを厳選してご紹介しているので、興味のある方は要チェック!

関連リンク初心者でも完全無料で作れるホームページ作成サービスをご紹介

 

本記事があなたの望みに適ったホームページ作りに何らかの貢献ができれば、嬉しく思います。
ガイド

-ホームページの作り方
-, ,

© 2021 初心者のためのホームページ作成ガイド